並ぶトラック

専門業者を利用して良質な中古トラックを準備しよう

高速道路を走るトラック

トラックは現場作業や運搬業務で必要になることが多く、そのような業務を行っている場合は購入の機会が少なくないでしょう。高額なトラックは早々購入できるものではなく、事業主であれば費用を抑えて準備したいところです。そのためのひとつの選択肢として、中古トラックで準備するという方法があります。購入資金は格段に少なくて済むため、経費削減には大いに役立ちますが、気になる点と言えば中古で大丈夫かということです。
その点に関しては、中古トラックを扱う専門業者を利用すれば安心です。中古でもしっかり整備が行き届いているトラックを販売しており、業務に支障が出る心配はありません。中には年式が新しい掘り出し物の中古トラックもありますし、ハイクラスでお得な車種も販売されています。流通量が多い専門業者ほど、そのような良質なトラックが出回っている可能性が高いので、業者比較して探してみましょう。
ところでその中古トラックの専門業者は、身近にある店舗では見つけにくいこともあるでしょう。そんな場合は、ネットで専門業者を探してみてください。お住まい近隣のエリアで見つけられたり、配送が可能なケースなど色々なチャンスがあります。ネット情報も参考にして、中古トラックは専門業者で購入していきましょう。

中古トラックは架装の状態は重視しないのがおすすめ

中古トラックは、既に架装済みということもあり、新車のベース車両を購入して架装するよりも費用や納期面でのメリットがあります。中古トラックは専門業者で購入することができ、日本全国から使用目的や、希望する使用期間に見合った条件の中古トラックを見つけ出せます。中古トラックなら新車では高価な冷蔵冷凍車、クレーン付きの平台車、ウイング車なども安く購入できます。
しかし、架装の状態は重視しないのが中古トラックの選び方です。確かに、中古トラックなら架装済みで安いものの、重要なのはベース車両であり、架装はメンテナンスや補修が可能です。錆や凹みがないものを探した結果、中古トラックでも価格が高くなることもあります。錆は使用すると発生するものであり、錆取りや再塗装で修繕ができます。また、架装も載せ替えが可能であり、ベース車両が健在であれば架装の載せ替えによりトラックを長期間使用することができます。しかし、ベース車両が故障したり、不動になっては高価な架装も無駄になります。まずは、中古トラックを選ぶ際は架装の充実度よりも、ベース車両の状態の状態を確認し、異音がないか異常振動がないか、変な癖がないかを確認するのがおすすめです。特に架装は状態が良かったら儲けもの、少し使えたら良いと考えるのもおすすめです。

専門業者なら中古トラックの架修も対応可能

専門業者で購入することができる中古トラックですが、実車では架装、すなわち荷台が痛んでいることもあります。例えば平台車の場合、荷台の床面に張っている木材が劣化・腐食していることもあります。ハコ車なら凹みがあるだけでなくトビラの不具合があったり、冷蔵冷凍車の場合は断熱能力が低下していることもあります。ですが、架装工場を有している中古トラックの専門業者なら架修の対応ができ、中古トラックの輸送能力を新車同様に戻すことができます。
架装工場があるのであれば、床板の張り替えや鉄板敷きができ、トビラの交換修理などは容易です。断熱性が低下しているのであれば、断熱材の打ち替えも可能です。安い中古トラックを購入し、架装の状態が悪くても修繕すれば新車よりもトータル費用を抑えることもできます。さらに、中古トラックで荷台が使用目的に合わない場合でも、架装を行うことで目的に合わせることができます。完全交換だけでなく、既存の架装を流用した改造にも対応することができ、条件に合う中古トラックが見つからない場合でも、状態の良いものを選ぶだけで使用目的に合わせることができます。また、架修により中古トラックをより長い期間することができ、新車よりも費用を抑えられるかもしれません。