並ぶトラック

30万kmも走行している中古トラックでもまだまだ現役

引っ越しトラック

一般車両の場合、20万kmや30万kmともなると買い替えの時期と考えるだけでなく、過走行となっています。中古トラックも同じように考えていませんか?そもそも、トラックは重い荷物を長距離輸送することを考慮しており、設計自体も頑丈なものになっています。そのため、小型ものでも70万km走行することもできます。そのため、中古トラックでもまだまだ現役で使用することができます。
中古トラックは専門業者で購入することができ、高年式かつ走行距離の少ない状態の良いものが、新車の半額以下で手に入ることもあります。特に大型トラックなどは長距離輸送も行うため、100万km以上も走行することが多く、適切なメンテナンスを行っていれば、古いものでもまだまだ現役です。中古トラックは通常のイメージが当てはまらないため、少しでも経費を抑えるなら中古トラックを選ぶのがおすすめです。また、中古トラックといっても専門業者が扱うものは法令点検だけでなく、自主点検によりメンテナンスがされているものを販売しています。さらに自社整備工場で買取後には分解整備するなど、購入後も安心して使用でいるように付加価値もついています。中古トラックでもまだまだ現役で使用することができ、点検整備履歴が分かるものを優先して購入しましょう。