並ぶトラック

使用用途で傷が付きやすいなら中古トラックを選ぶのがおすすめ

積荷

一般的に新しくキレイな状態のものほど、使用する際には傷や汚れが気になってしまいます。トラックも一般車両と同様、新車なら傷が付きやすい悪路を走行したり、荷物の運搬が気になったりします。特にスクラップを運搬するトラックなどは、新車では気兼ねなく使用できないこともあります。そこで中古トラックの購入がおすすめです。
中古トラックは専門業者で購入することができ、新車に比べて価格も安く、納期も早いというメリットがあります。最近では、現状引き渡しだけでなく再塗装した中古トラックもあります。しかし、中古トラックのメリットは既に使用済み、荷台などは凹みや傷もあるということです。そのため、悪路を走行する際には、木の枝での擦れ、飛び石などを気にする必要がありません。特に山道などの走行頻度の多い工事車両なら、購入費用を抑えつつ実用的な車両を手に入れることができます。また、荷台の架装のダメージが大きい場合でも、専門業者では自社架装工場を有していることもあり、補修が可能です。荷台の床板を新品に交換したり、鉄板に交換したりと、見た目よりも実用性面でのメンテナンスを行うこともできます。新車が傷付くのが嫌で、ガンガン仕事に使用できるトラックを短期間で揃えるなら、中古トラックを専門業者で購入しましょう。